つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

高知市夏期大学・4

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback




7/27(木) 「南国土佐を後にして」誕生秘話は、現代に何を語りかけるのか  
講師は高知県安芸市出身の作家 門田隆将さん


001_convert_20170804143103.jpg


門田さんは数年前にも夏期大学の講師で来高され 
福島第一原発の吉田所長のお話を熱く語られて大変印象に残っていました

今回は今年4月に急逝された「ペギー葉山さん」との写真(昨年12月撮影)を写しだして
今回の著書を一番読んでほしかったのに残念・・・・と 心にしみるお話でした
又「南国土佐を後にして」が生まれた高知の鯨部隊の詳しいお話や鯨部隊によって助けられた
豹の赤ちゃんとの交わりや悲しい別れ その剥製が今も高知市こども科学図書館に展示されている事を詳しく話されました

豹の「ハチ」の事を知っている方があまりにすくないので 詳しく詳しく話して下さいました

その悲しい別れには グッとくるものがありました


002_convert_20170804143128.jpg


7/28(金)は「プラチナ社会に向けたイノベーション」
(株)三菱総合研究所理事長で第28代東大総長だった小宮山 宏さん

これからの生き方 誰もが自由に参加するプラチナ社会の追求について大変参考になりました
現代はもう飽和の状態 これからはクオリテイ・オブ・ライフを追求していく時代だと話されました

7/29(土)最終日は テレビなどでお馴染の谷口 真由美さん
とてもパワフルで 全日本おばちゃん党代表代行

「オッサン社会にもの申す! おばちゃん目線で世の中もかわる」

テレビで谷口さんを注目しようと思っています


(夏期大学の項おわり)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/804-612e3854