つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

我が家の花達

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

花の力は偉大です。
今日もテレビで、父母亡きあとの畑を姉妹で荒らさないようにと、芝桜を植え続けて一面の花で人々を集めている徳島県のある町の様子が伝えられていました。

花が嫌いっていう方はいないと思いますね。
花は人を引き付けます。又慰められます。心優しくなります。

私はいつからどうして花好きになったのだろうか?と考えることがあります。

生け花を習った事があります。その時、大きな大きなヒマワリが時々花材として登場しました。今では可愛いヒマワリも出回っていますが、当時は大きなものしかありませんでした。
余りに大きくて、ヒマワリが嫌いでした。生け花の腕も未熟だったからでしょう。
そして、ダリアも茎が空洞で活けにくくて、苦手でした。

しかし、花を育て始めてからは、嫌いな花・苦手な花はすっかり無くなりました。
今では、どんな花でも、愛でることができます。

ただ、あまり大きな花よりは、可愛い花や、山野草などが飽きが来なくていいですね。
大きくて真っ赤な椿よりも、小さくて優しい色の椿が自己主張してなくて好感がもてます。



2012_0401_093954-P1000534_convert_20120421134214.jpg
山吹も八重山吹よりも一重のが好き!


モクレンよりコブシが好き!
2012_0401_094135-P1000535_convert_20120421134117.jpg


牧野富太郎博士も好きだったという「センダイヤ」桜。
植木センターで気に入ってかったのですが、センダイヤだったのでラッキーでした。

2012_0401_094236-P1000537_convert_20120421134045.jpg

ハナニラも花期は短いですが、庭を華やかにしてくれます。
2012_0401_094318-P1000538_convert_20120421133945.jpg


カリンも可愛い丸っこい花です。今年は少し少なめですが、幾つ実を付けてくれるでしょうか?
カリンの実は、とっても虫が好み、すべて虫が入ってしまいます。良い香りがするのですが・・・・・
2012_0401_094424-P1000539_convert_20120421133843.jpg


「ヒマラヤユキノシタ」って名前が素敵ですよね。
2012_0401_102633-P1000542_convert_20120421133618.jpg



この花はサボテンの一種。沖縄のもの?とか・・・・
御近所から頂きました。
2012_0401_102528-P1000541_convert_20120421133732.jpg


まだまだ好きな花はいっぱいあります。
お手入れをして、「はないっぱいになーれ」と頑張ることにしましょう。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/80-fac8c321