つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

0.84 会議 森の中で話をしように参加しました

Posted by つゆくさ0071 on   1 comments   0 trackback

2012年4月5日(木)高知県立美術館ホールで「川と森の接点を考える」0.84会議が開かれました。
ゲストに仁淀ブルーで有名になった写真家の高橋宣之さん,ユニークなイラストレーターの長野亮之助さん, 解説にデザイナーの梅原真さん、総合司会にはあちこちで御活躍の畠中智子さんというそうそうたる顔触れでした。



2012_0406_172419-P1000560_convert_20120406180333.jpg
2012_0406_172443-P1000561_convert_20120406180416.jpg

高橋さんの若かりし頃の顔写真や、スペイン〰仁淀川までのルーツをたどる映像が映し出され、あの石元泰博さんの様なモダンな作品に高橋さんの目線の確かさに改めて心動かされました。

又、高橋さんの作品や仁淀川の映像をみていると、つくづく「この方は詩人だな~」と思いました。
あちこちで、珠玉の言葉がちりばめられていました。

2012_0405_202311-P1000554_convert_20120406180654.jpg


長野さん・高橋さん・NHKデイレクター斎藤さん


2012_0405_202321-P1000555_convert_20120406180739.jpg

解説の梅原さん・司会の畠中さん

0.84とは高知県の森84%の1%、つまり高橋さんがフィールドとしている原生林の大きさのこと。

原生林とは伐採などの手が一度も加えられていない、自然のままの森林。原始林。処女林。
人工林とは直播き・直挿し、または植樹などによってできた森林。一般的に杉・桧・などの針葉樹。くぬぎ・ケヤキのところもある。

美しい仁淀川はこの原生林があるからきれいであるし、急峻な山と仁淀川沿いの人々の意識の高さなどで守られていることを、高橋さんは語られていました。
いつまでも今のままの清流を守っていって欲しいですね。


2012_0405_173350-P1000553_convert_20120406180528.jpg

                 夕方の美術館

2012_0405_203442-P1000557_convert_20120406180620.jpg
 
           夜の帳が下りて来た美術館の回廊

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/76-f160e03a