つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

鏡川

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback



文学館からの帰り 友人と帯屋町のアーケードを歩いて帰りました
途中 こんな可愛い動物に出会いました

[ミニホース] との事
若い女性がリヤカーに売り物を載せています
馬はとてもおとなしくて 触られてもじっとしています


014_convert_20170111213717.jpg

愛嬌のある 目です

ここの牧場には 数頭居るとの事
皆立ち止まって 触ったり声を掛けたりしていました

015_convert_20170111213813.jpg






友人と別れて ウォーキングを兼ねて 家まで歩いて帰ります

途中 街路樹の「ハクモクレン」が もうこんなに蕾を膨らませていました


017_convert_20170111213919.jpg


春を明るく告げる花 「ハクモクレン」
もうすっかり準備が出来ているようです

019_convert_20170111213951.jpg


鏡川沿いを歩いてみます

鴨が 仲良く泳いでいます

022_convert_20170111214103.jpg


番(つがい)でしょうね 仲良く 離れずに 位置を変えながら のんびり と泳いでいます

023_convert_20170111214129.jpg

この鳥は鷺でしょうか
カメラを向けると 直ぐに潜って 見えなくなります

探していると とてつもなく離れた場所から 顔を出してきました

024_convert_20170111214154.jpg


今年は酉年ですので 沢山の鳥を見て 覚えていく事にしましょう


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/752-1a586354