つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

ゲルハルト・オピッツピアノコンサート

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback



12月16日の朝7時過ぎの日の出

001_convert_20161219161504.jpg


12月18日 午後17時過ぎの夕焼け
この日の夕焼けは西は暗く東がこの様にきれいなピンク色でした


006_convert_20161219161558.jpg





年末になるとコンサートが多いように思います

12月9日には ドイツのピアニスト 「ゲルハルト・オピッツ」さんのコンサートに行って来ました

012_convert_20161219161815.jpg


013_convert_20161219161839.jpg


オピッツさんのコンサートを知ってから楽しみにしていました
未だ未だ先だと思っていたのに ついにこの日が来ました

015_convert_20161219161906.jpg



友人と早めに家を出ましたが 会場に着いてみると いっぱいの人
2階席の前列に空席を見つけ 着席しました
舞台は 何一つ飾りや花束もなく ピアノが1台だけでした



016_convert_20161219161936.jpg


オピッツさんは 94年 NHK教育テレビ「趣味百科 ベートーベンを弾く」
の番組講師で 子供と一緒に見ながら楽しみました
まさか高知に来て下さるとは思っても見ませんでした

その頃聴いた曲を懐かしく 思い出しながら 過ごしました
ドイツの正統派のピアニスト
もう2度と生では聞く事が出来ないでしょう
貴重な一夜でした


017_convert_20161219161957.jpg






今年もシクラメンを頂きました
矢張り季節の花があると うれしいですね

018_convert_20161219162022.jpg


気ぜわしい12月ですが シクラメンを見ながら マイペースで過ごしていきましょう


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/745-e92c0494