つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

帯屋町・チェントロ・3

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback



因みに「チェントロ」(Centro)とはイタリア語で「中心・中央・真ん中」などの意味だそうです
 


 

店内を廻っていますと県内市町村の案内コーナーもありました

026_convert_20151002145319.jpg


その隣にには我々のテーマ「仁淀川流域の土佐市のイグサ作品コーナー」もありました
ちょっと意外で感動しました


025_convert_20151002145253.jpg


027_convert_20151002145345.jpg


本の上にバッグが乗せてあり、近頃はやっているという付録付き雑誌のようでした

付録といえば小学生の時、少女雑誌を購読していて懸賞に応募した事があります
すっかり忘れていた頃、親の転勤で転送で配達された事がありました
何とこの時の賞は2等!横長の手提げカバンでした
この2等が今までで一番上の当たりでしたので忘れられない思い出です

028_convert_20151002145408.jpg


季節がら来年の手帳コーナーも・・・・・・

031_convert_20151002145522.jpg


私は毎年ここでカレンダーを買っていますので、聞いてみました
もう少し先に入荷するとの事
又来ることを楽しみにこの書店を後にしました

直ぐ横に道が出来ています
丁度追手前高校の時計台が正面に見えて北側にに抜けられる道のようです

032_convert_20151002145547.jpg



書店の裏はマンションの入り口と駐車場

029_convert_20151002145434.jpg


030_convert_20151002145457.jpg



新しい帯屋町の貌が生れつつありました




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/588-6fca0f2c