つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

あこがれの花・大山蓮華

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback


以前、1メートルに満たない「大山蓮華」の鉢植えを買いました。
大切に育てていましたが、枯らしてしまいました。

大山蓮華を知ったのは、とても良い香りがするお家の前を通った時からでした。
花の名前をそのお家の方にお聞きしました。
その時、「大山蓮華」という名を始めて知りました。




この度「大山蓮華」の咲く場所へ誘っていただき、楽しみにしていました。

梅雨に入り、あやぶんでいましたが、明日行ってみようとのお知らせが入り、期待でいっぱい!
当日は前日まで降っていた雨も止み、ラッキーでした。

目指すのは、仁淀川上流、中津渓谷と明神山。


途中、ヤマボウシの赤と白が咲いているのを、教えて頂きました。
谷の向かい側で、うまく撮れませんでしたが、カメラに収めました。



006_convert_20150615205159.jpg





明神山に向かいます。

ガスが立ち込めて来ました。

015_convert_20150615205244.jpg


016_convert_20150615205317.jpg



大山蓮華はちょうど咲き始めていました。
雨後のせいからなのか、香りは殆どありませんでした。

足場の悪い場所でしかも雨の後、みんなで足もとに気を付けながら進みました。
しかし、どうしても滑ります。尻もちを付きながらシャッターを切りました。

この深い山の中で、静かに咲いていました。
人が訪れようと訪れなくても・・・・・


020_convert_20150615205438.jpg

咲き終わった大山蓮華は茶色になっています。

025_convert_20150615205552.jpg




031_convert_20150615205724.jpg


自生の大山蓮華を見られることは今後なかなか無いことです。
心の中に大切に納めました。
お誘いいただいて、本当に有難う御座いました。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/539-2c389380