つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

高知県立牧野植物園

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback


温室へ行くまでに牧野富太郎生誕150年記念で植樹した桜を見て行きます

花が咲くころには来られませんでしたが、随分と大きくなっていました


桜の呼称を募集し、このエドヒガンは「ナノカワスター」と名付けられました


028_convert_20150602101842.jpg




牧野富太郎博士が郷里の佐川町尾川で発見した「ワカキノサクラ」

種を播種後、2~3年で開花し、大きくならないという特徴を持っています

この2本は、平成20年スペースシャトル、エンデバー号に乗って259日間宇宙に滞在しました

よって、呼称もそれに因んでいます

牧野植物園に来るたびに、見守っています

030_convert_20150602101959.jpg






最近開通した高知空港への道
市内を通らずに行けますので時間が短縮されました

032_convert_20150602102202.jpg


少し外れた牧野植物園の山は鳥のねぐらになっています

033_convert_20150602102319.jpg




温室への道で見かけた花

035_convert_20150602102417.jpg


可憐なクレマチス

038_convert_20150602102630.jpg


040_convert_20150602102846.jpg


バラの色々


042_convert_20150602102958.jpg

043_convert_20150602103047.jpg


044_convert_20150602103159.jpg


045_convert_20150602104013.jpg


039_convert_20150602102755.jpg




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/534-bfc4e53a