つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

ポール・スミザーのガーデン講座・2

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback


002_convert_20150425115003.jpg



ポールさんは17歳の時にガーデナーの仕事に着きました。
イギリスのガーデンで学び、格式ばったイギリスのガーデナーに疑問を持ち
現在の自分の考えが出来上がり落ち着いたそうです。


農薬や化学肥料は一切使わず、植物たちが自分の力で生きる方法を採っているとの事。
季節が織りなすその姿は、”自然より自然らしい”理想の庭と評されていると、言われているそうです。

ミミズとバクテリアのいる土壌を作る
そのためには「バークたい肥」と「腐葉土」を土が見えない程度に撒く。
そうすると雑草取りが楽になり、ミミズが出てくる。
肥料は要らない。肥料を与えると大きくなって、虫に評判が良くなるとも・・・・・

又一列に同じものを植えない。
ずらしたり列を変えたり、アブラムシも程良い許せるくらいに残す・・・・・

植えてみて育たなかったものは諦めて別のものを植えてみる・・・・

などと大変参考になりました。

宇和島から来られた方も居て、驚きました。

お話の後、ご自分の本にサインされているポールさん
長ーい行列が出来ていました。


024_convert_20150425115708.jpg


(つづく)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/512-79e74108