つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

雛納め

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback


寒さの残る中にも、穏やかな夕空

003_convert_20150314143630.jpg





快晴の続いた「大安吉日」を選んでお雛様を納める事にしました

暖かい陽の射す午前中から始めました
箱の蓋に書き残した幼い頃の子供の文字



006_convert_20150314143721.jpg


009_convert_20150314143800.jpg


道具を外し、それぞれの段の名前を書いた袋におさめます


010_convert_20150314143841.jpg


011_convert_20150314143926.jpg


納め箱もすっかり傷んで来ました
木箱のカタログを見ましたので買おうかとも思いましたが歴史の残るこの箱を未だしばらくは使って行こうと思います
今年は傷んだ箇所をかなり修復しました
人形と共にダンボールも年季が入って来ました
三十年はとうに過ぎていますから・・・・


012_convert_20150314144020.jpg

今年も出した日、納めた日をしっかりと記入しました
又来年までお人形たちには休んでもらいましょう
今年は緋毛氈のシミが気になって、クリーニングに出しました

013_convert_20150314144459.jpg


二人掛りで午前中から始めて午後まで半日以上かかりましたが、これも季節の行事です
区切りをつけて、又一日一日歩んでいきましょう


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/489-7f56e70a