つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

高知市夏期大学・6

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback


今日は8月1日。

004_convert_20140805115255.jpg



今日の夏期大学講師は、戸田 恵子さん。
会場に着くと長蛇の列でした。
講師によって入場者の数が違う事に改めて驚きました。
友人と端っこに座る事が出来ました。

001_convert_20140805115340.jpg


演題は「女優百貨店」


いよいよ登場です。
朱赤のロングスカートに白いブラウス。
颯爽と左側の舞台から登場しました。
とても若々しい!
名古屋のお砂糖の卸問屋さんの一人娘だそうです。


戸田恵子さんと言えば「やなせたかし先生」とは御縁の深い方。今年はこれで2回の高知訪問との事。
ヤナセ先生が亡くなられてからとても落ち込んでしまっていたそうですが、被災地でのアンパンマンミュージアムに出て、子供がアンパンマンの縫いぐるみに話しかけているのを見て、気持ちを切り替えたそうです。

しかし、ヤナセ先生のお話は直ぐに涙が出てきてしまうので・・・・・とおっしゃって殆んど触れませんでした。

舞台俳優・声優・映画俳優・歌手などいろんな分野に挑戦して「女優百貨店」のフロアを広げて忙しくなった頃、お母さんが認知症になり、数年間自宅で介護したそうです。
華やかな芸能界にあっても、いろんな努力を重ねて今の地位を築いてこられたのだ・・・・と感動しました。
また、50代からボランティアを始め、ダウン症の子供たちの支援をなさっているそうです。


"ずっと川を泳いできた。一度も岸についていない"という言葉を心にとめておられるとの事。


戸田さん何時までもお元気で。
今後のご活躍をお祈りしています。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/384-22c11665