つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

鹿の子百合

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback



高知市を流れる鏡川
その上流の地区、高知市鏡に[鹿の子百合]が咲き始めているとの情報で、ある日の午後、訪ねてみました。
道の左側の崖にところどころ、垂れ下がって蕾をつけています。
まだ、少し早いようでした。
でも、いかにも夏らしい[鬼ゆり]が先ず私達を歓迎してくれました。
生命力溢れる[鬼ゆり]は、元気をもらえる気がします。

004_convert_20140716114402.jpg


005_convert_20140716114429.jpg


006_convert_20140716114456.jpg



ここは、天神発電所。大きなパイプが2本並んでいました。

009_convert_20140716114605.jpg


一輪だけ花を付けた「蛍袋」が控え目に咲いています。
自然に咲いているホタルブクロは何十年ぶりでしょうか?

014_convert_20140716114636.jpg


カノコユリが崖から垂れ下がるように咲いています。

016_convert_20140716114741.jpg

002_convert_20140717115045.jpg


先日の台風8号の風で落ちたとみられる可愛い栗のイガが草むらに転がっていました。

017_convert_20140716114835.jpg 


「カノコユリ」は絶滅危惧種Ⅱ類。
花ことばは「荘厳・慈悲深さ」
滝百合はカノコユリの変種。

最近はほとんど見られ無くなりました。
大切にしましょう。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/374-9d43cb94