つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

七夕まつり

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

   

七夕まつりは毎年その年の行事として、飾り付けをしています。
今年は友人から立派な笹竹を頂きました。
乗用車に乗らなくて、ご近所ですので笹竹を肩に乗せて帰って来ました
竹の良い香りがします。

002_convert_20140710174407.jpg

♪笹の葉さらさら
 軒端に揺れる
 お星さまキラキラ
 金銀すなご♪

七夕の歌を姉妹でよく歌いました。
今でも好きな歌の一つです。


お天気が悪いので玄関に飾りました

001_convert_20140710174320.jpg


003_convert_20140710174459.jpg



7/7 の19:20頃の夕焼け

004_convert_20140710174532.jpg

21:08頃は月も出ました

006_convert_20140710174612.jpg

しかし段々と暗くなり、とうとうお月さまは隠れてしまいました

007_convert_20140710174646.jpg


008_convert_20140710174712.jpg

織姫様と彦星様は、雨が降っても川を渡れるよう、カササギによって天の川に橋がかけられ再会出来るのだそうです。

やさしく、懐かしい行事を生活の中に取り戻したいものです。
個人の家では、殆ど見られなくなりました。

子供が習っていたピアノの先生が、毎年小さいながらも七夕飾りをして下さった事が思い出されます。
今年も遠くの地でされている事でしょう・・・・・・



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/372-102dfdee