つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

「稚木(ワカキ)の桜」

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback




思わぬところに牧野富太郎が発見した「ワカキノサクラ」が植えられていました。
宇宙旅行をした桜が育っていました。
「ワカキのサクラ」は牧野富太郎が高知県佐川町の尾川地区で発見した桜で発芽後2年で開花する山桜の一種。
2008年スペースシャトル・エンデバーで国際宇宙ステーションへ運ばれ、259日間滞在。若田光一さんと共に帰還しました。
その種から発芽した株は、「宇宙桜」と呼ばれています。

桜の季節になると「ワカキノサクラ」は牧野植物園の入り口でも売られています。

009_convert_20140704170703.jpg


ここは山内神社の駐車場わきです
佐川町の方が寄贈しています

011_convert_20140704170939.jpg



早くもサクランボが沢山実っています。
可愛い小さな実です。
宇宙を旅して来ても、見事に実を付けて健気です。

010_convert_20140704170819.jpg


ここを訪ねた時は、何時でも覗いて見守る事にしましょう。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/369-dce6fbf9