つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

藤の風

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

オダマキの花が咲き続けています。
何度か育てた事がありましたが、いつの間にか消えてしまう花でした。
しかし、このオダマキは強い性質の様で、昨年、今年と咲いてくれました。
殆んど放りっぱなしなのに・・・・・
オダマキの花は複雑な花びらで、心惹かれます。

002_convert_20140421160318.jpg


ナニワイバラとモッコウバラも咲きだしました。
特にナニワイバラの一重の花がいいですね。
今年も見事に咲いてくれて有難う!!


016_convert_20140421161105.jpg



ヤマボウシも一雨ごとに花首を擡げて来ました

002_convert_20140415112420.jpg


オタフク南天の新芽が綺麗です

003_convert_20140415112503.jpg







藤の花があちこちで咲いています。
昨年訪ねた時は、もう終わっていましたので、今年こそは・・・・と藤の咲く保育園を訪ねてみました。

快く撮影の許可を頂きました。

028_convert_20140421161703.jpg



藤のやさしい香りが漂っています
昔ここを見学して作った俳句を思い出しました


園児らの 午睡の時間 藤の風   つゆくさ


027_convert_20140421161620.jpg

021_convert_20140421161202.jpg



022_convert_20140421161252.jpg


子供たちに良い思い出を残して行く事でしょう。






なかなか姿を見せないイソヒヨドリが、あるビルの上で鳴いていました。
とても美しい囀りです。
何とかキャッチしました。

030_convert_20140421161735.jpg



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/339-b626c056