つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

仁淀川が舞台のドラマ「かげろうの羽」

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback



仁淀川を舞台にした父娘のドラマ「かげろうの羽」の再放送が3月16日(日)NHK総合テレビでありました。
NHK高知放送局開局80周年記念ドラマとして作られました。

平成24年3月11(日)仁淀川に面した土佐和紙工芸村で試写会があり、主役のあらいすみれさんも見えて関係者や地元の方々との交流会もありました。
試写会・本放送・再放送と何回もみましたが、あれからかなりの時間を経ていましたので、もう一度見てみました。
この日放送がある事を全く知りませんでしたので、偶然テレビを付けて居て見る事が出来ました。






こうぞのカワハギをして干しているところ

003_convert_20140320102825.jpg



学校から帰って、父と再婚相手の子供が紙すきをしているのを見つけて驚く、大切なシーン

004_convert_20140320102905.jpg


005_convert_20140320102935.jpg

仁淀川で凧あげをして、別れも近いシーン
子役の込江海翔君が素直な演技で素敵でした

006_convert_20140320103007.jpg

そして、改めて仁淀川の美しさに魅せられました。
又、あまりおしゃべりし過ぎない、親子の関係、父親の無言の良さを感じました。
何回見ても、ほろりとさせられるドラマでした。







散歩の途中に見かけた色鮮やかなスミレ

春たけなわの季節になって来ました

008_convert_20140320103043.jpg 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/324-9f5b58c1