つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

「話し上手 聞き上手 ~心地よい関係づくりのために~」

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

地域の公民館で、講座が開かれました。
地元の方達や遠方からも駆けつけて下さり、30名余の参加がありました。

講師はRKC高知放送、ラジオセンター部長の井津葉子さんです。
演題は「話し上手 聞き上手 ~心地よい関係づくりの為に~」です。

女性でありながら高知放送を支えて御活躍なさっています。


002_convert_20140310215018.jpg

とても若々しく輝いています。

先ず、聞き下手な人は、拒否系の人。
「嫌ー」のオーラが出て居る人。
喧嘩腰・バリアを作って居る人。
自分が主役系。話しかけていても自分に話を取ってしまう人。


聞き上手である事がより良い関係づくりではとても大切な事。

相手が話しやすいように全身で聞く。
一対一の場合、相手の目を見て話す。身を乗り出して聞く。聞く姿勢ー表情ー。
メモを取っている人は共感してもらっていると感じる。
うなづいたりして、共感している事を示す。などなど。

そして声。低い声は、信頼感がある。
高い声は明るい優しい感じがする。

そして「気」
目には見えないけれど、「気」のある人。
「気を込める」とも言うように気持ちを入れるかどうか。
相手の話を一生懸命に聞くこと。


具体的にお話して下さって、改めて「話し上手聞き上手」のコツがつかめました。

会場の右左に顔を、視線を移しながらにこやかに落ち着いてはっきりした話しぶりで、
お話の「プロ 」を実感しました。


最後は歌舞伎の「外郎売りの科白」から早口言葉を選んで、井津さんが先ず読み、皆が後から読むという参加型の講演で締めくくりました。

早口言葉はなかなか付いていけず、大笑いしながら散会となりました。
井津先生有難う御座いました。








早口言葉の一部を御紹介致します。



そりゃそりゃ、そらそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ。アワヤ喉、サタラナ舌(ゼツ)に、カ牙(ゲ)サ試歯音(シオン)、ハマの二つは唇の軽重(シンのケーチョー)、開合さわやかに、あかさたなはまやらわ・おこそとのほもよろお。

と長く続きます。口角の上がる練習にもなりますので、日常やってみるといいそうです。


小さい頃に習った早口言葉でも鏡を見ながらしてみると 良いですね。




 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/321-52129a22