つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

お正月の会・2

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

筝曲の演奏が終わりました。
お隣の和室へ移動します。
申し込み順にお席が決められていて、私達は一番前の(い)の席。
テーブルにはすでにお料理が出されています。


御献立

1.数の子
1.田作り
1.黒豆蜜煮
1・栗金団
1.厚焼き玉子
1.紅白なます
1.金柑蜜煮
1.チョロギ



018_convert_20140113153854.jpg




頂いている間にも、つぎつぎとお料理が運ばれてきます。

鰤の照り焼き
とても美味しく頂きました。

021_convert_20140113154006.jpg


続いて御煮しめ

梅人参
蓮根
牛蒡
蒟蒻
昆布巻き
絹さや
天 柚子

020_convert_20140113153939.jpg


そして鴨雑煮


水菜
紅白かまぼこ

口 柚子


019_convert_20140113153914.jpg




最後に小豆粥
とても良い塩加減に感服しました


023_convert_20140113154036.jpg 



最後にお部屋を移動してお抹茶を頂きます。

(つづく)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/301-ebaded55