つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

土佐和紙工芸村への一日

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

金木犀がやっと咲き始めました。今年は沢山の花がびっしりとついています。
昨年は毛虫の被害でほとんど花が付きませんでした。
今年復活してくれたのでとても嬉しく毎日眺めています。
しかし、花の咲き始めに台風27号がやって来ましたので、2,3日続いた雨の中で匂いが盗られてしまいました。
残念ですが、匂いが今一つ少ないようです。
今年の暑さで例年より開花が10日くらい遅くなりました。


005_convert_20131027210202.jpg






「和紙工芸村」の催しを訪ねました。



山野草展の珍しい植物


006_convert_20131027210237.jpg



見事な株の「ムカデラン 」

009_convert_20131027210311.jpg


山野草展は遅い時間になってしまいましたので、引き上げが始まっていました。
次の時に又ゆっくり見にきます。





ギャラリー「ぼたにか」では、楠瀬康璽さんの「四季の草木譜」が開かれています。
今日は会場に先生もこられているとの事で、まず第1会場に。

015_convert_20131027210458.jpg

展示作品の間には、「ぼたにか」の主が添えられた鉢や植物が絵を引き立てています。

可愛い柿が活けられていました。
伺いますのに、先生のファンが持ってきて下さったとのこと。
県外の方だそうです。
「チャガキ」とのお話でした。
「ロウヤ柿」よりも小さくてびっしりと実が付いています。

012_convert_20131027210347.jpg


この柿で作った干し柿の作品も頂いたそうで、壁に掛けていました。
素敵な可愛い作品です。

014_convert_20131027210421.jpg


素敵な絵は買う事が出来ませんでしたが、カレンダーと絵葉書を求めて帰りました。



「ぼたにか」の裏山に変わった花が咲いていました。
「シモバシラ」の花だそうです。
今日出合えて良かった!珍しい花を又一つ見る事が出来ました。


019_convert_20131027211540.jpg





駐車場の奥にある売店でお野菜を買いました。
奥に「十月桜」が咲いていました。
可憐な色と形で青空に映えています。

024_convert_20131027212000.jpg


026_convert_20131027210854.jpg


「和紙工芸村」の前に流れている仁淀川は未だ先日の台風の雨で増水した名残りの水量と濁りが残っていて、ちょっと恐怖も感じる仁淀川の表情を見せていました。

021_convert_20131027210554.jpg


023_convert_20131027210646.jpg 


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/273-fb668bc5