つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

仁淀川流域の野菜

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

普段は近くのスーパーマーケットで買い物をしますが、時々は少し離れたお店にも買い物に行きます。
このお店は火曜日と金曜日が特売日になっていて、沢山の人出でいっぱいになります。

先日こんな野菜パックを見つけました。


仁淀川町の品です。
仁淀川町土居で作られたベビーリーフの詰め合わせです。
テレビに映し出された清流土居川が目に浮かびました。

014_convert_20130910110857.jpg


「サラダメランジェ」

016_convert_20130910111025.jpg

きざみ葱のパック

015_convert_20130910110946.jpg



「水前寺菜」(金時草)も出ていましたので、名前は聞いていましたがまだ味わった事が無かったので買ってみました。

020_convert_20130910111323.jpg

さっとお湯を通してドレッシングをかけて食べてみました。
しゃきしゃきとして歯ごたえがあります。
格別美味しいという訳ではありませんが、ゆで汁が赤紫色になりますのでポリフェノールがあるのではないでしょうか?


いの町のかぼちゃも売られていました。


017_convert_20130910111112.jpg



かぼちゃはこの赤みが出ているのが良いそうです。

018_convert_20130910111200.jpg

小さくて扱いやすいので、買ってみました。

いつも仁淀川に関する事が頭にありますので、ついつい目に入って来ます。




これは「雲南百薬」
我が家のプランターで育てています。

022_convert_20130910111521.jpg

「雲南百薬」は数年前に苗を頂き、冬越しをして今年も芽を出しました。
むかごのような塊が出来て、土に埋めておくと冬越しします。
挿し芽をしてもすぐに根付いて旺盛に蔓を伸ばします。
生でも食べられるそうですし、ムカゴや根も食べれるそうです。
ミネラルたっぷりとの事です。



最近は珍しい野菜が沢山出回って来ました。
食卓が豊かになりますね。

これからも「仁淀川情報や花だより、催しものの情報」を発信していきます。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/256-ff9a35e0