つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

高知市夏期大学・2

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

夏期大学も残り少なくなって来ました。
8月5日の講演は、テレビなどでお馴染の大竹七未さんでした。


001_convert_20130807145344.jpg

ハプニングがあって、到着が遅れ、15分遅れで開講となりましたが、誠実に話されて好感を持ちました。
有名な方でもいじめに遭っていた事を話されて、思い出して途中涙の講演となりました。
悔しい想いがよくわかりました。
どこの世界にも、ヤッカミ・嫉妬・イジメがありますね。

自分で乗り越えるしかありません。






昨夜は、高知県南国市出身の門田隆将さんの講演でした。
演題は「原発事故は日本人に何を問いかけたか」です。

去る7月9日に亡くなられた東電の吉田昌男所長の単独インタビューの模様を赤裸々にお話して下さいました。
緊迫した事故当時の模様を、皆熱心に聴講しました。
居眠りをしている方もいなかったように思います。


003_convert_20130807145506.jpg


時間をオーバーしてもまだ話し足りないとおっしゃりながら、一人ひとりの心に問題を投げかけて終わりました。
もう一度お話を聞きたいと思いました。






ベランダにやっと「ヘブンリーブルー」という朝顔が咲きだしました。
この花は「天上の青」「天空の青」とも言われているそうです。
西洋朝顔で、秋の花だそうです。
秋がそこまでやって来ているのでしょう。
今日は「立秋」です。


亡くなられた吉田所長さんや、今も頑張っておられる東電の方々に感謝しながら暮らしていきましょう。


006_convert_20130807145628.jpg 



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/242-933963ef