つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

仁淀川・2

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

此処、「くらうど」では、”いの町お湯めぐり・スタンプラリー”をしています。
木の香温泉
吾北むささび温泉
土佐和紙工芸村
かんぽの宿伊野
蘇鶴温泉

P1030331_convert_20130706153544.jpg


ここでは、環境に優しい間伐材を使用しています。

P1030334_convert_20130706153405.jpg



間伐材が積み上げられていました。木の香が辺りに満ちています。
柔らかいお湯になる事でしょう。
入ってみたいですね。

P1030333_convert_20130706153442.jpg



幼いころ煙いのを我慢しながら、火吹き竹でお風呂を沸かしたころが思い出されます。

P1030332_convert_20130706153512.jpg





売店では土佐手拭いが売られていました。
土佐の食材を描いています。
どの模様も素敵です。


P1030342_convert_20130706153157.jpg



JA 直売店ではお花や野菜など色々売られています。
此処ならではのお花もあります。
「キレンゲショウマ」は幾鉢もありました。

傍の休憩所では、男性が一人。
天井のツバメ達を見守っていました。
親鳥が餌を与える時、黄色いクチバシが一斉に開きます。その様子で4羽いることが確認できました。
餌を与えた親ツバメは、梁の上で小休止して、子供たちを見守っていました。


鳥の中でもツバメは親しみ深く、この季節に見られないと淋しいものです。
沢山子育てして貰って、人間のように少子化にならないように見守って行きましょう。

P1030350_convert_20130706152817.jpg


P1030351_convert_20130706152747.jpg






040_convert_20130709135438.jpg


紙の博物館では、7月10日まで、小林勝利写真展が開かれています。
第19回・酒田市・土門拳文化賞を受けた受賞作品展です。
会場に御本人がいらっしゃっていて、お話を伺う事ができました。
地道なお仕事が評価されて、本当におめでとう御座いました。








帰りは友人のお宅にお邪魔して、長かったブランクを埋めるおしゃべりをしました。

友って、不思議ですね。
ちょっとしたことで知り合い、何十年もお付き合い出来るのです。

そうした友が何人かいます。
こうして、長くお付き合い出来る事は、お互いに気を遣い合い思いやりを持っていかなくては続きません。
お互いに感謝!感謝!です。

病気・転勤・家族の異動や移動・家族の生死などなど・・・・・・
話は尽きませんでした。

又の機会を約して、梅雨明けも間近な暑い日差しの中、お別れしました。



友人宅の近くの土手から見える仁淀川
最近開通した橋と遠くに八天大橋が見えました。

P1030355_convert_20130706152710.jpg 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/231-d02423e6