つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

土佐山内家に伝わる 「梅漬けの会」に参加しました

Posted by つゆくさ0071 on   1 comments   0 trackback

去る6月9日(日曜日)高知市鷹匠町の山内会館にて、「梅漬けの会」がありました。
この催しは、今年で7 年目とのこと。


毎年参加してみたいと思いながら、なかなか機会がありませんでした。
今年は丁度予定がなかったので、案内を頂いてから直ぐに申し込んでおきました。

001_convert_20130611114918.jpg


40名募集のところ、好評で55名まで増やしたそうです。
会場いっぱいの人に驚きました。


梅漬けの由来の説明から始まりました。

002_convert_20130611115015.jpg



先ずミニ講座「高知城のお台所について」
昔の高知城の見取り図を見ながら、お台所のあった場所などの説明


004_convert_20130611115057.jpg


高知城のお台所は、「わんぱーくこうち」が出来るまでお城にあった、動物園の所だったそうです。ここにお台所屋敷があったと言われているそうです。
高知城二の丸は藩主の生活した場所で、今の高知城管理事務所の旗を立てる場所あたりらしい。
外には「魚洗い所」もあったとの事。
感心しました。

今は「ケンピ』などのお菓子を売っている「西川屋」さんが、「白髪そうめん」を納めていたらしい・・・・・
なかなかの老舗ですよね。


色々お話を聞いて、これからいよいよ梅漬けの実習が始まります。


(つづく)
スポンサーサイト

Comment

リサ・ママ says... "高知城"
あらぁ~面白いお話ですね~♪
高知城のすぐ近くで生まれたんですが、
ぜんぜん知りませんでしたよ~!!
続きが愉しみ~(*^。^*)☆
2013.06.23 17:47 | URL | #IC4ew.Mc [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/223-68cbf4ad