つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

牡丹桜の堤

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback


鏡川

027_convert_20130406120223.jpg

高知市を流れる鏡川の下流。
その堤に牡丹桜が咲き始めています。 牡丹桜は、ソメイヨシノなどより少し遅くに咲き始め、園芸のめやす「牡丹桜が咲き始めたら植えましょう・・・・」などと、言われています。



033_convert_20130406120555.jpg


028_convert_20130406120250.jpg


023_convert_20130406115948.jpg


022_convert_20130406115904.jpg


018_convert_20130406115639.jpg


001_convert_20130406114716.jpg


005_convert_20130406114915.jpg


006_convert_20130406114954.jpg


010_convert_20130406115213.jpg


012_convert_20130406115319.jpg


018_convert_20130406115639.jpg


017_convert_20130406115614.jpg



しだれ桜が2本位ありました。もう、すっかり散ってしまっていましたが、枝ぶりが綺麗でした。
来年は見に来なくては・・・・・・
犬の散歩に来ていた方が、とても綺麗でしたよ!とおっしゃっていました。


025_convert_20130406120103.jpg



潮江橋の畔には、祠があります。
周りを近所の方々がお花を植えて護っています。

026_convert_20130406120132.jpg


020_convert_20130406115802.jpg




春が速足で通り過ぎてゆきます。鏡川は満ち潮の時間でした。

  行春や  うとまれつつも  人の世話   (歳時記より)



 
                
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/197-4b10154c