つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

空の表情・雲の変化

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

山野草やその他すべての植物が大好きですが、雲も大好きになりました。
見るたびに異なる空の表情!雲の変化!見飽きません。空を見る事が多くなりました。
美しい模様の雲!美しい淡い色の空!
はたまた、怪しげな雲!烈しい色の雲!穏やかな雲!
今日はどんな空でどんな雲が出るのかと、早朝散歩が楽しみです。
一瞬で変わる空や雲。一瞬の出合いでもあります。



縮緬模様の雲

006_convert_20121019052705.jpg



朝の月

005_convert_20121019052623.jpg



怪しい雲

011_convert_20121019052931.jpg



やさしい空と雲

017_convert_20121009140254.jpg



日の出前の雲

009_convert_20121019052850.jpg



珍しい空と雲との出合いを楽しみに、早朝散歩を続けています。






三たび、小春さんに逢いました。
小春さんはとてもおとなしくて賢いワンちゃんです。
一度も吠えられた事がありません。ご家族の皆さん、皆がおとなしくて優しい御家族です。
犬は飼い主に似るのでしょうね。

011_convert_20121027104729.jpg


012_convert_20121027104804.jpg



玄関に、可愛い花が植えかえられていました。
名前をお聞きしたのに、忘れてしまいました。
明日もう一度お聞きしましょう。


013_convert_20121027104842.jpg 





有難うございます。
小春さんのママが、「コメント」で知らせて下さいました。
このお花の名前は「カルーナ」とのこと。

教えて頂いてたのに忘れっぽくて御免なさい。

さっそく調べてみました。
和名:ギョリュウモドキ
   その他の呼び名、名前は「ヒース」「四方柏」
   「エリカ」に近縁の植物で、「エリカ」と同様「ヒース」とも呼ばれる1属1種の常緑低木と出ています。



-20度でも大丈夫で寒さに強いが、水のたまる場所や水はけの悪い所には弱い。
余り大きくならないので、グランドカバーやロックガーデンなどに良い。風通しよく水はけのよい所を好む。
挿し木でも増やせる。と出ていました。

「ヒース」といえば、昔読んだ本の中に「ヒース」、という言葉が沢山出てきて、何の事か中々わからなかった事でした。そして、後になって園芸を始めてから納得した事でした。

本来「ヒース」とはイギリス北部、アイルランドなどにおける荒れ地のことで、独特の背の低い植物が群生する、又そのような植物の事を指して、そう呼ぶ場合もあり、秋に花を咲かせる野草のこと。と出ている。
エミリー・ブロンテの長編小説、「嵐が丘」で識った「ヒース」でした。
小説の中身はすっかり忘れた終いましたが、この「ヒース」と登場人物の「ヒースクリフ」だけは忘れられません。

小春ママさんお勉強になりました。有難うございました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/132-42a0560c