つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

仲秋の名月・十六夜の月

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

9月30日は仲秋の名月、十五夜でした。
五台山の牧野植物園の夜間開放に友人と行く予定をしていましたが、台風接近のため断念。

しかし、台風は幸いにも対した事が無く、夕方には台風一過のすがすがしい空が広がりました。
001_convert_20121002121714.jpg


ベランダから十五夜を撮ってみました。

005_convert_20121002121819.jpg


翌日の夕焼け雲
001_convert_20121002120027.jpg





10月2日、早朝散歩に出かけると、十六夜の月が未だ朝空に残っていました。
墨絵の様です。

005_convert_20121002120102.jpg

東の空には、朝焼けの雲。
1羽の鳥が、写っていました。

007_convert_20121002120201.jpg


昨日まで少しも色づいていなかった「ドラゴンフルーツ」が急に優しい色目になっていました。
植物の神秘を感じました。

006_convert_20121002120131.jpg

帰り道で、又この間の可愛いワンちゃんに逢いました。
オス犬で11歳とのこと。
吠えながらも、写真に収まって呉れました。

010_convert_20121002120308.jpg

011_convert_20121002120340.jpg

我が家の白花ホトトギスが咲きだしました。
この花は、茎にいっぱいの花芽を付けます。

014_convert_20121002120447.jpg

朝日が昇って来ました。
まだまだ日中は厳しい日差しが続いています。
でも、雲はすっかり秋の雲です。

016_convert_20121002120518.jpg

今日一日が良い日でありますように・・・・・

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/123-e69759a6