つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

高知市夏期大学 NO.3

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback




002_convert_20120808114116.jpg

日の出の東の空
雲にも秋の気配が・・・・
今日は立秋です。


高知市夏期大学も今日、8月7日(火)「茶の湯のいま、これから」 武者小路千家家元後嗣 千 宗屋(せん そうおく)さんの講演で終わりました。
10日間自分ながらもよく頑張って来たなぁとホッとしています。

心に残った講師は7/31(火)の作家で医師でもある海堂 尊(たける)さん 文学と医療、どちらの話を希望ですかと会場で挙手をさせて、医療のお話になりました。
AI(死亡時画像診断)のお話や、司法解剖や行政解剖のお話。
映像を使って、知らなかった世界を垣間見せて下さいました。

8/2(木「元気な明日のために・・・がんに負けない」 女優仁科亜紀子さん
女性としての立場から中々人様には言いづらい事なども御自身の体験を率直に話されてその勇気に感動しました。
今も戦っている後遺症。
仁科さん頑張ってください。


8/3(金)「災害に陥りやすい罠・・・災害時における心理と行動」 広瀬 弘忠先生
テレビで拝見したことがありましたが、より詳しく災害時の人々の心理について詳しく話して下さいました。

正常性バイアス・・・・多少の異常があってもそれに気がつかない
同調バイアス ・・・・他人と同じ行動をすると安全だと思い込んでいること
愛他行動   ・・・・災害時、自分を犠牲にしてまで人を助けようとすること

という三つの災害時の我々の行動について、よくよく考えて行動しなくてはいけないことが解りました。


元沖縄県知事 太田昌秀さんは87歳にも拘らず、お元気で高知まで来てくださいましたし又原子力開発のパイオニアの住田健二先生も82歳という御高齢でありながら講演に来て下さって、退場なさるまで一部の聴講者たちは温かい感謝の拍手を送りりました。
今年の講師陣は総じて地味な方々でしたが、中々良いお話が聞けたね。と友人と会場を後にしたことでした。




さあ、暑さはもう一息です。
コスタスの花が咲きだしました

008_convert_20120808114618.jpg


朝の散歩で見つけました。
中々実がつかないとこぼされていましたが、今年花が咲いて実が付いていました。ドラゴンフルーツ。
2個実が付いていました。良かったですね。

006_convert_20120808114445.jpg


007_convert_20120808114523.jpg 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shikachan2905.blog.fc2.com/tb.php/104-f85927fb