つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

十六夜

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback




9月28日は十六夜
昔はよく十六夜を見に桂浜に出かけました
十六夜の方が混雑してなくて人も少なく、少し遅く月が出ます
静かにゆっくりと月を見る事が出来ました

最近はベランダから眺めます


007_convert_20150930224118.jpg



今年の十六夜は雲がかかって、見えたり隠れたり・・・・・


013_convert_20150930224231.jpg


日本人は月を愛でるという素晴らしい風習を繋いで行っています
この秋を満喫しましょう


十六夜の  きのふともなく  照らしけり   阿波野 青畝



スポンサーサイト