つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

素朴な干支展2013ー宝珠ヘビと土佐しっくいのOBJE

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback


いの町の「草流舎」で土佐和紙雁皮張子と土佐しっくいと和紙や木などを利用したOBJEや小物を展示しているとの記事を見つけて、覗いてみました。

017_convert_20121230214745.jpg





「草流舎」という名前は聞いた事がありましたが、どこだか判らず、ネットで調べて見ました。
いの町、サニーマートの次の信号を右に回ったすぐのところにありました。

店内には可愛い小物がいっぱい置かれています。

013_convert_20121230140742.jpg



ふくろうの張子

007_convert_20121230140316.jpg


土佐しっくいと木と雁皮紙のお皿や飾り物

006_convert_20121230140240.jpg


004_convert_20121230140114.jpg




可愛いヘビの置物。中にムクロジが入っていてコロコロします。とても軽い!
ムクロジ(無患子)は知らない方が多いと思いますが、「羽子突き」の羽子を挿す黒い実です。
幼い頃、ムクロジに穴をあけて、鳥の羽を拾って挿し、羽子突きをした事でした。


この張子は 注文が殺到していて、買えないということでした。

ヘビはどちらかと言うと嫌われ者!苦手な方が多いけれど、このヘビならば可愛いですよね。

005_convert_20121230140159.jpg



店内には懐かしい囲炉裏がありました。

014_convert_20121230140851.jpg



いの町小川東津賀才の国友農園さんの「梅のおこし」を買ってきました。
お正月に戴きます。

015_convert_20121230214653.jpg






とても素敵な色使いのお皿。
漆喰と和紙の原料で出来ています。

009_convert_20121230140432.jpg



ご主人が描いた絵と漆喰の額縁。
素朴であっさりした絵が素敵です。

010_convert_20121230140512.jpg

011_convert_20121230140608.jpg

012_convert_20121230140644.jpg






郷土玩具カレンダーを買ってきました。

018_convert_20121230214843.jpg


019_convert_20121230214925.jpg


020_convert_20121230215021.jpg

このカレンダーの中の日々、どの様な1年になる事でしょう。
いやいや、自分で作って切り開いていかなくては・・・・・・

どうか、良い一年でありますように・・・・・
”巳”=ヘビは長~いものなので気長く生きて行く事にしましょう。



スポンサーサイト