つゆくさ日記 

あちこちの花や催しものを訪ねます。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

NHK高知放送局80周年記念「歌の日曜散歩」公開生放送

Posted by つゆくさ0071 on   0 comments   0 trackback

平成24年1月29日(日)高知市春野町ピアステージにて、NHK高知放送局80周年記念「歌の日曜散歩」の公開生放送がありました


「歌の日曜散歩」は、NHKラジオ第1で毎週日曜日の午前10時05分から放送されている人気番組です。
仕事をしながら聞くことができるので、農家の方や手仕事をしている方、ドライバーなどに人気の番組です。

鎌田正幸アナウンサーと坪郷佳栄子さんの絶妙なトークが炸裂します。

10時からの本番なのに、9時過ぎに駐車場に着くと、もういっぱいの車・車・車!!!
しかし幸いにも駐車でき、会場に入ると前から3列目に席が取れました。

まもなく、鎌田アナが出てきてユーモアたっぷりに話し始めました。
その声は、なんとも滑らかで素晴らしいいい声!!!ラジオとはまた違うほんもの!!
そして、坪郷さんも顔をみせ、滑らかで明るく大きな声!!鎌田さんに負けない迫力です。
本番前に、色々な注意や、トイレの場所、はたまた、もしかして最近頻発している地震がきたら・・・・の注意などがあり、NHK高知放送局長の挨拶が続きました。

2012_0129_084951-P1000335_convert_20120130215026.jpg    本番前の様子

本番前が近付くと、全国放送のラジオが流れ始めました。このニュースが終わると、いよいよ本番です!
にこやかにトークしていた鎌田アナの顔が、引き締まって来ました。
そしていつもの始まりの挨拶。 坪郷アナとの絶妙の掛け合いです。

2012_0129_104412-P1000337_convert_20120130215255.jpg 収録中


まず、ヂュークエイセスの「うるめいわしの歌」、高知出身のギターヂュオ「いちむじん」の龍馬伝のテーマ曲、”おーい日本”でうたわれた竹島秀子さんの「五色石」、春日八郎の「足摺岬」など、高知に関係する曲が次々と流されました。

そして、やや終わりに近づいたころ、私の名前が読まれ、リクエストしていた曲が採りあげられました。
びっくり!!

申し込みはがきを出して暫くしてから、せっかくの機会だから何かリクエストをしてみ
ようと思い立ち、FAXで東京のラジオセンターに出しておきました。

その曲は、昔々教育実習に来ていた先生がノートに書いてくれた詩で、後にこの詩はラジオ歌謡であったことを知りました。ですから、一度もメロデイーを聞いたことがなく、どんな曲なんだろうと永年?でした。題名さえも忘れていました。

  りんどうの花咲くころ

  心に燃えて いたけれど
  口には言えぬ 頃だった
  りんどうの花 ほの揺れて
  君のうなじも 白かった

  蔭口なども 言ったけど
  愛しくなって 泣いたっけ
  りんどうの花 紫に
  前髪匂う 優しさよ

  心に咲いて いたけれど
  仄かな?の 花だった
  りんどうの花 ちるころに
  旅ゆく雲を 見つめてた

昭和30年のラジオ歌謡で、鳴海 ひでおさんが歌っていました。
もっともっと昔の曲かと思っていましたので、意外でした。

この会場にリクエストした何々さんはいらっしゃいますか?と鎌田アナ。 照れながら手を挙げました。

このあとも、懐かしいフアンであった立川澄人さんの「平城山」が流され、久しぶりに聞く立川さんの声に青春の日々を思い出していました。

その後、年齢チエックがあり、最高齢は93歳の方、後は90歳・88歳・86歳とご高齢なのにお元気に足を運ばれて、会場の皆さん、うわー!すごい!と拍手!

又、一番近くから来た人、自転車で来た人、東から来た人西から来た人、四国内の人、などのチエックがあり、なんとなんと小樽や札幌からも来ていて、会場はどよめきました。

最後に高知県出身の岡本真代さんの「ツゥモロゥー」で締めくくりました。

2012_0129_113230-P1000339_convert_20120130215430.jpg   

本番が終わってほっとしたところ  

 
2012_0129_113243-P1000340_convert_20120130215512.jpg

笑顔でサービスしている鎌田アナ





ファンに囲まれて撮影に応じる鎌田アナ  

さて、この番組の前半には、「歌の日曜散歩 我が家の料理ふるさとの味」というコーナーがあります。
今回は、土佐市の山本朝香さんがステージに登場し、生姜料理を紹介しました。
前の席にいる人たちには、試食用を作ってきてくださり、この料理を味わうことができました。
とてもおいしくて、簡単ですのでご紹介します。

簡単&美味しい「生姜のかき揚げ」

[材料]
  生姜     200グラム
  小麦粉    カップ1
  砂糖     大さじ1
  塩      小さじ1
  卵      2/1個
  水      50ミリリットル

[作り方]
  1.生姜をマッチ棒位の千切りにして、水に晒してから水切りをしておく。
  2.小麦粉他をボウルに入れ、さっくりと混ぜてから生姜を合わせて、油で揚げる。
    サツマイモやニンジンを加えてもよい。

[コツ・ストーリー]
    高知の特産「生姜」を使った簡単かき揚げ。簡単なのに、びっくりする位美味しくて、
おかずにも  酒のつまみにも最適です。  小麦粉を「米粉の天ぷら粉」にすると、
更にさくっとした仕上がりに。


~番外編「生姜のきんぴら」~
    生姜130グラム、ごぼう・人参各30グラム、干しシイタケ 3枚(もどす)、
こんにゃく半分(せん 切りにしてから ゆがく)、鶏肉 100グラム
    調味料/砂糖 大さじ1、みりん・醤油 各大さじ3、ごま油 少々


[作り方]
    材料はすべて千切りにし、生姜は湯通しする。油で鶏肉から 炒め、全体に火が
通ったら 干しシイタケの戻し汁、調味料を加えて煮汁がなくなるまで炒め煮する。
仕あげ にごま油を入れる。



先日我が家でも作ってみました。
とても美味しく、近所におすそ分けしたくなるほどでした。
皆様も是非作ってみては如何?

スポンサーサイト